カラダをひねれなくなると?


30 Jun
30Jun

カラダをひねる!簡単なようでとても奥の深い動きです!どこを意識してひねるかによってもカラダに与える影響は変わっていきます!

 今回はカラダがひねれなくなるとどういった影響がカラダに現れるかについてご紹介します。


常連のお客様で70代女性の方がいらっしゃいます。

こちらのお客様、ここ最近歩く時に右に傾いてしまう傾向にあります。

もちろん、様々な原因が組み合わさって起こっている症状です!

ご自身で歩けますが少し不安があり長い距離は歩くのが大変だと!

そしてやはり背中が丸くなってきてしまっています!ご本人もこの猫背をなんとかしたいという思いで週に3回、治療とトレーニングに通っていただいております!



この写真は左右のひねり方の差をご本人に確認してもらうために撮影しました。

よく見ると左右の差がわかります!やってみるとひねっている時の感覚でわかる方もいるかもしれません。

このように左右左は多くの人に見られます。この左右差をご自身で理解した上で運動やトレーニングに臨むと効果は倍増してきます。


カラダをひねる!それは日常生活でも多くの場面で使われている動きです!

この能力が低下すると様々な動作が鈍くなり、カラダに痛みや違和感となって現れてきます!


みなさんもひねりチェックをしてみませんか?

コメント
* メールはウェブサイト上に公開されません。